So-net無料ブログ作成
検索選択

伊藤理佐『おんなの窓』

買っちまったよ伊藤理佐!!
元の単行本は2冊とも読了済も、つい手に取って読んだらやはり笑えたので、
伊藤理佐『おんなの窓~そうなの独身、まさかの結婚篇』(文春文庫,2016)購入・読了(^^)

新幹線・特急でなく在来線、タクシー・バスでなく徒歩、
とメチャメチャ節約して国内行脚している小生なので、買っちまったのがなんか悔しい(..)
ちなみに東広島から在来線だけ使って丸一日かけて最安運賃で帰京したのが最長記録^_^;

しかし、何度読んでも笑えるね(^^)
週刊文春連載の「おんなの窓」も「瞬間的に理解でき」(本書39頁)て笑える(^^)v
現に、書き込まれた注釈説明を読まないでも、またイタリアにも行かないけど、
「カバキ」(本書56頁)が分かったぐらいだから^_^;

週刊文春で「おんなの窓」は毎号欠かさず見てるけど、一番好きだったのが、
電車内で「すごくうるさかった女子高生が 美人がのってきたら静かに。
(いいぞ美人・・・!!)」という第249回(^^)
文庫本で続刊が出たら買わなきゃ^_^;

しかし、「浦沢直樹の漫勉」から声も掛からなそうな画風(←画力とは言ってない)で、
本書190頁「アシスタントいらず」、本書247頁「アシスタントなし」は言わずもがなだろ^_^;
この画でアシスタントがついてたら、それこそエイス・ワンダーだよ(@_@;)
あんなに可愛くて美しかったパッツィ・ケンジットも今や見る影も・・・(;_;)
伊藤理佐も若い頃は・・・^_^;

本書に登場する「名言」をメモ(^^)

本書159頁(伊藤理佐の祖母?)

  東京で はやってるからって 全国に通用すると 思っちゃいけねーだよ?  

本書185頁(吉田戦車。本書174頁にも「大丈夫」は1回の同旨発言あり)

  結婚して幸せになるとはかぎらないから大丈夫大丈夫。

著者の本を改めて手帳で確認すると、既読は以下の5冊。

『女のはしょり道』(講談社,2008)
『おんなの窓』(文藝春秋,2007)
『おんなの窓2』(文藝春秋,2008)
『おんなの窓3』(文藝春秋,2010)
『おんなの窓4』(文藝春秋,2012)

未読だった以下の2冊をとりあえず予約^_^;

『また!女のはしょり道』(講談社,2014)
『おんなの窓5』(文藝春秋,2016)

[追記160321]

『また!女のはしょり道』(講談社,2014)105頁に「30歳から35歳頃・・・・・・」の話として、

  告っていいですか? わたし絵がうまくなりたくてデッサン教室に通ってました。

「絵」は漫画のことなので、びっくり(@_@) 同書54頁の著者が漫画を描いているコマには、

  なんてったって人生の半分以上がこの時間・・・・・・

と書き込まれてて、更にびっくり(@_@;) この画風(←画力とは言ってません)で!?
まぁ、これだけ面白い漫画だから、それだけネタを考えるのに時間がかかると解したい^_^;

なお、同書10頁によると、どうもウチの洗面台の鏡の値段は高くないようだ(+_+)

さて、来月には当ブログは開設1周年(^^) アクセスが結構あったのが意外だった(@_@;)
勿論、それが多いのか、あるいは平均的なのか、はたまた少ないのか、小生には分らんし、
広告は出さずポイントも貯まらない設定だから、数は正直どうでもいいんだけどね(..)
ただ、読書傾向が偏っているという自己認識から、ちょっと「意外」に思えただけ^_^;

少しは世間様の興味・関心を学ぼうと、当ブログの今までの「検索ワード」を眺めてみたら、
色々と勉強になりましたm(__)m 「おねえ」という言葉が何回か出てきたのは気になるが^_^;
また「安野光雅退屈」「小林大輔嫌い」などなど笑えたのも結構あるけど、チト心配なのが、

  自殺した旦那忘れられない

コレで検索して何故か当ブログに辿り着いてしまった方に幸あれと祈ってます(;_;)
コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。