So-net無料ブログ作成
検索選択

杉本苑子『海の翡翠』

歴史上の人物・事件を扱った小説で結末が分かっていても、
予想を超えたストーリー展開に引き込まれたのが、
杉本苑子『海の翡翠』(旺文社文庫,1986)。

久しぶりにブックオフに行ったら、珍しく旺文社文庫があったので、つい購入^_^;

内容を思い出せるよう、収録作品&主要登場人物をメモ(実在か創作か分らない人物は除く)

海の翡翠・・・高岳親王、平城天皇(安殿太子)、嵯峨天皇(神野王子)、藤原薬子、桓武天皇
みちのく戦記・・・安倍貞任、源義家、安倍頼時、藤原光貞、源頼義、藤原経清
朝焼け・・・俊寛
罠・・・源範頼
船と将軍・・・陳和卿、源実朝、大江広元、結城朝光、北条政子、北条義時

「朝焼け」と「船と将軍」は他にも有名な人物が意外な登場・活躍をしてて、
そこが両作品のメチャ面白いところなんだけど、ネタバレになるから書けない^_^;
表題作も爽やかで余情ある一篇だけど、両作品が何より面白すぎ(^^)
本書巻末「解説」における神谷次郎の言葉を借りれば、
どの作品も「その結末は歴史の示すところ」(本書251頁)ゆえ、
小説のゴールは読み始めて登場人物を見た瞬間に分かっちゃうわけだけど、
両作品はそこに至るまでのストーリー展開が予想を裏切り想像を超えるもので、
その奇想天外さやサスペンス仕立てに引き込まれ、一気に読了(^^)
コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。