So-net無料ブログ作成
検索選択

松井秀喜『エキストラ・イニングス』

風呂上りに足の指の間までドライヤーで乾かす几帳面さが
発揮される一方、肝心な点が抜けてるのは御愛嬌なのか、
松井秀喜『エキストラ・イニングス~僕の野球論』(文藝春秋,2015)。

本書8頁の「はじめに」には、こうある(原文は縦書きで数字は全角・半角混在)。

  本書は2013年3月から14年11月にかけて新聞各紙で続けた連載に加筆したものだ。

一見よくある断り書きのようだが、本書に収録された各文章の末尾には、
丸カッコ書きで年月日(新聞掲載日)だけを記したもの以外に、

  (初出2014年4月9日。同年10月に加筆)

  (初出2014年1月29日。キャンプ参加後に加筆)

  (初出2013年12月4日。ビデオ判定導入後の14年に加筆)

などがあり、こういった具合にきちんと注記するのは性格のなせる業かしら(^^)
でも、肝心な掲載紙名が本書のどこにも見当たらないんだよね(^_^;)

内容の方は、ふぅ~ん連発(^_^;)
現役時代から色々と考えてたんだねぇ、と感心させられたり、
本書176頁の〆の一文「僕は言葉を信じる。」なんか、カッコいい台詞だよね(^^)

でも、当たり障りのない話ばかりなんだよね(^_^;) イメージ通りの優等生って感じ。
著者だからこそ知り得たはずの舞台裏のエピソードとか、ネタは一杯あるはずなのにね。
著者が伝えたい事と読者が知りたい事との間にギャップがあると思うんだけど、
その辺を最初の読者でもある編集者がリクエストして加筆してもらうべきだったでしょ(-_-)
正直に言えば、小生には全く面白くなく、退屈な本でしたm(__)m

一緒に借りたのが、王、金田、広岡、関根、古葉、長池、若松、杉下、長嶋が語っている、
サンケイスポーツ編『プロ野球 レジェンドが語る あの日、あのとき』(産経新聞出版,2015)。
おそらくインタヴューを〈口述による自伝〉に再構成したものだが、どの人も読むと面白いし、
〈ちょっといい話〉だけでなく〈今だから話せる〉類いの秘話もあって、へぇ~連発(^^)
金田のことは全く興味なかったんだけど、吉田豪が張本勲へのインタヴュー後記で「これで、
なぜボクが毎日ネットオークションで張本勲&金田正一&力道山検索をかけているのか、
きっとわかってもらえたことと思う。」(同『男気万字固め』[幻冬舎文庫,2007]185頁)
と書いていたのも少し理解できた(^^) 吉田豪が聞き手だったらもっと笑えたんだろうね(^_^;)
ただ、お年を召された方たちゆえ、記憶違いはあるね(例えば、同書136頁最終行の役職名)。
秘話を披露できるのは、これらの「レジェンド」たちのほとんどが、プロ野球への現場復帰も
なさそうな年齢・立ち位置なので、もはや関係者に色目を使う必要もないからでしょう(^^)
本書の著者も同書に登場する人たちの年齢・立ち位置になれば面白い本を書けるかも(^_^;)

ピーター・バーガーの〈過去を思い出す時、現在の考えで再構成する〉云々という文を引いて
話を膨らませる予定も、同『社会学への招待』(思索社,1979)が書庫で見つからなかった(+_+)

好きな漫画は数あれど、無人島に持って行くなら『マカロニほうれん荘』に小生も一票(^^)
コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 4

神田洋

掲載紙が明記されていないのは、共同通信社から全国各紙に配信された連載だからです。30紙弱に掲載されました。その点だけ説明が必要と思ったもので…。連載担当デスクの神田と申します。
by 神田洋 (2015-06-17 17:09) 

middrinn

神田 様
この度はコメントを頂戴し、大変恐縮恐惶ですm(__)m 「30紙弱に掲載され」ていたことは(本書に出ておらず)知らなかったので、御教示ありがとうございましたm(__)m 著者を「肝心な点が抜けてる」と評した点に関しては、著者に対し申し訳なかったと思いますm(__)m 他にもお気付きな点などございましたならば、遠慮なく御指摘など頂ければ幸甚ですm(__)m 取り急ぎ、御礼まで。middrinn拝
by middrinn (2015-06-17 18:00) 

神田洋

さっそくのご返答、ありがとうございます。著者はストレートな感想はストレートに受け止め、楽しむと思います。そういう方です。
担当の私も、一番辛いのは読んでいただけないことで、ネガティブな要素を含んでいてもこうして公の場で語っていただけるのはうれしいです。
by 神田洋 (2015-06-17 20:23) 

middrinn

神田 様
こちらこそ恐縮ですm(__)m 担当者として御不快に感じられたと思うのですが、本書から伝わる著者の御人柄と同様、神田様も度量のある方なのですね(^^) この記事はこれでも他の記事よりは配慮して書いたつもりでしたが、神田様のコメントを拝読し、本書からインスパイアされた点(例えば、長嶋監督の打撃指導での視点の話なんか教育全般に通じますね)なども書くべきだったと思いました(^_^;) この度の神田様のコメントには改めて御礼申し上げますm(__)m   middrinn拝
by middrinn (2015-06-17 22:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。