So-net無料ブログ作成

森下賢一『偉人の残念な息子たち』

ジョー・ケネディ、マクシミリアン二世が偉人?アル・カポネの
息子ソニーは不肖か?書名に偽りありだよね(^_^;)
森下賢一『偉人の残念な息子たち』(朝日文庫,2012)。

1つの文、「 。」から「 。」までがメッチャ長いっ!
一番最初の頁(本書9頁)の一番最初の文が何と6行!
本書92頁なんて6行もある文が2つもあるんだからね。
これじゃ無味乾燥な伝記的事実は頭にすっきり入らん。

ただ、取り上げられた各親子に関し、小生は断片的な
知識しか持ち合わせてなかったので、読み物としては
面白く読めた。2015年5月3日に取り上げた他の著作
(『骨肉 父と息子の日本史』)からして、この著者の
歴史の知識は全く信用できないので、話半分にだけどね。
しかし今更だがケネディ一家は皆ろくでなしだな(-_-;)

メモるほどでもないけど、気付いた誤植は以下の通り。
手元の関連文献を調べなかったので史実の誤り等には
気付かず。詳しい人から見たら噴飯物かもしらんけど。

本書190頁(ジョージ五世の息子エドワード八世)

  一九五二年の弟ジョージ五世、・・・の葬儀にも

   → エドワード八世の弟はジョージ六世

本書223頁(マクシミリアン二世の息子ルートヴィヒ)

  メリー・スチュワート  

   → メアリー・スチュアートではありませんか?
     とヤフーさんも申しております。

本書255頁(フランツ・ヨーゼフ一世の息子ルードルフ、嗣子フェルディナント大公)

  ミッチー・スパル
  
   → ミッチー・カスパル

誤植で思い出したので、この場を借りてメモっておこう。

末次由紀『ちはやふる』(講談社,2012)⑰巻末の次巻予告
  
  見近な仲間が変わっていく

二ノ宮知子『のだめカンタービレ』(講談社,2002)②102頁(千秋の台詞)

  盗族か!? おまえら・・・

すがやみつる or 本宮ひろ志『真田十勇士』に「風盗族」は出てくるけど^^;

昨日はブックオフに「こらしめられてしまったわね」Ⓒ西村しのぶ

[追記]
誤植ではないのだけれど、『ちはやふる』繋がりということで、ここにメモっておこう(^^)
末次由紀&BE-LOVE編集部監修『ちはやふる オフィシャルファンブック』(講談社,2012)に
末次由紀と羽海野チカによる「超豪華スペシャル対談」が収録されているが、同書116頁に、

  それぞれ「和」の競技に青春を懸ける高校生を描く・・・

とリードがあり、末次による下記発言があった。

  和物・勝負物ということで・・・

カルタは「和物」なのかね(..)
文庫本とは思えぬほど内容が学術的でもある、
島津忠夫訳注『百人一首』(角川文庫,1969→1984改版22版[ママ])254頁を引くと、

  かるたの由来に関しては、山口吉郎兵衛氏の『うんすんかるた』(昭和三十六年私家版)
  に詳しい。もともと、このかるた遊びは、日本古来の貝おおいと、南蛮渡来のウンスン
  かるたとが折衷されて生じたものらしい。

とあるように、〈和洋折衷物〉が正確だろう(^_^;)
〝カルタ〟という名称がポルトガル語に由来することぐらいフツー知ってそうだけど、
「和(物)」という表現に対し、編集者も含めて誰も違和感なかったのかね(+_+)
コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1